ミクロからマクロまで
対応するプランナー

  • タイト(オンラインゲーム事業部 アライアンス部)
  • Planner
  • Sales
  • ゲーム

営業でもありプランナーでもある


私の所属するアライアンス部は国内外問わず他社が作ったゲームの仕入れ、ゲームを作る上で必要な開発会社の開拓、著作物の獲得をメインに行っています。
ゲームを仕入れる際の契約の調整やリリース後の売上動向のチェックはもちろん、施策の提案も行うのでプランナーの側面も持っています。

すべては「DMMに提供してよかった!」のために


現在の業務のやりがいを教えてください

現在はゲームを開発する企業だけでなく、イラストやシナリオなどゲームの素材を制作する企業に対して営業しながら、1つのゲームをリリースするまでの契約内容の調整を担当してます。難しいですが楽しく仕事をしています。やっぱり、最終的にゲーム提供会社に「DMMにゲームを出してよかった」と感じてもらえた時にやりがいを感じますね。

業務の中で意識していることはありますか?

ゲーム作成に関わる最新の技術やイラストの塗り方等のクリエイター的知識、リリースした後のプロモーションプランを考えるマーケティング知見など、必要な知識は多岐に渡ります。なので、常にアンテナを張りながら、貪欲に知識を吸収していくマインドを持って業務に取り組むようにしています。

なんでもやってみる、なんでもできるDMM


DMMに入社を決めた理由を教えてください

入社を決めた理由は、いろんな事業の知見を吸収できることが、刺激的だと思ったからです。
ネットや書籍で勉強したとしても、実際に体験してみなければ、知識として蓄積されないと思うので、そんなチャンスがあるDMMは魅力的だなと感じました。

入社前と入社後のギャップはありますか?

入社後は、「とにかくやってみる」という社風に驚かされました。DMMはオンラインゲームから動画配信、アイドル事業や3Dプリンターまで多角的に事業を展開していますが、ビジネスチャンスがあるものに関してとにかくやってみる!という攻めの姿勢が社内に根付いている、と感じました。

DMMの面白さはなんですか?

やっぱり、ユーザーのリクエストをいろんな形で実現できることです。例えば、「あるオンラインゲームのキャラクターをフィギュアにしたい」という要望があれば、3Dプリンター事業と絡めることができたり、さらにそのフィギュアを販売したいとなれば通販事業と絡めることも考えられます。事業部の壁を超えて連携することで、より多くのユーザのご要望にお応えできると思います。やっぱり、多角的に事業を展開しているところが他社にはないDMMの面白さなのだと思います。

とにかく自分の頭で考えて行動する


チームの雰囲気を教えてください

僕が所属しているオンラインゲーム事業部アライアンス部は、それぞれがスピード感を持って業務をこなしながら、自分自身で裁量を持って仕事に取り組み、あらゆる手を尽くして仕事を成功させていくプロフェッショナル集団だと思っています。情報が共有されるのを待つのではなくて、自分から取りに行くという姿勢を全員が持っていて、うかうかしているとすぐに引き離されてしまいますね。僕も負けないように精進したいと思っています。

どんな人がDMMの社風にあっていると思いますか?

「型にはまらない」人が多い印象があります。“いつもこうだから、こういう動きをする”という固定概念がなく、どんな方法が最も効率が良く、最大化できるのかを考えて行動している人が多いので、とても勉強になります。
僕の周りにはこの考えにさらにクリエイティブなアイデアを足していく人たちばかりなので、とても刺激的です。

就活生に一言

自分が何が好きか嫌いかなんて、仕事でも遊びでもやってみなければわからないと思います!自分の考えに合う会社を探してみてください。もし貴方の考えとDMMが合った時には、是非一緒に働ける日を楽しみにしています。

ありがとうございました!

ほかにもいろいろやってるDMMのなかの人

TOP